2008年10月31日

告知

急に寒くなってきました。
掛け布団を厚手のものに代えて、気分的にはもう冬ですね。

さて、下記のコンサートのチケットが割安で手に入ることになりました。
通常だと、S席6,500円のところ4,600円になります。
何枚か用意できますので、興味のある方はコメントかメールかその他の手段にて連絡ください。
来週火曜日に予約しますので、11月3日(月)までにお願いします。


12月14日(日)
府中の森芸術劇場 14:00開演
千住真理子&スーク室内オーケストラ

バッハ/グノー:アヴェ・マリア
バッハ:G線上のアリア
ヴィヴァルディ:四季より「春」、「冬」よりラルゴ
ヘンデル:オン・ブラ・マイ・フ
クライスラー:愛の喜び ほか

http://www.fuchu-cpf.or.jp/theater/play/20081214_detail.htm


追記
誰からも応募はありませんでした(笑)。
というわけで、一人で楽しんできます。
posted by さがみ at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月27日

快復

ようやく体調が戻ってきました。
いつもなら風邪を引くと、初めのころは症状が強くなって、その後だんだんと楽になってくるのですが、今回はひどくなるでもなく治るでもなく、毎日微熱が続く感じで、かえってつらいものがありました。

昨日もやや体調不良のなか、朝から将棋を指してきました。
あんまり集中できませんでしたが、結果はまあまあ。
来月で今年は最後なので、がんばりたいところです。
それにしても、打ち上げで飲んだビールはひどく苦い味でした。

先週おとなしくしていたおかげか、今日は熱も下がり、ようやく快復に向かったようです。
久しぶりに良い天気で、今が一番過ごしやすい季節ですね。
それでも、外を歩いていると風が冷たくなってきて、冬の気配を感じさせます。
もうすぐ11月ですか。
posted by さがみ at 23:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月21日

風邪

風邪を引いてしまいました。
朝から調子がいまいちだなと思ってたら、案の定。
今日は暑かったようですが、熱があるおかげでちょうどよい気温でした。
会社ではけっこうふらふらしていたので、もしかしたら思ってる以上に熱が高いのかもしれませんが、そういうときはむやみに体温を測らないほうがいいです。
もし実際の体温を目の当たりにしてしまうと、そのせいで気が滅入ってしまうかもしれないじゃありませんか。

と、まあ、くだらないことを書いてないで、早めに休むことにします。

電球も買ってこれなかったので、今日も真っ暗です。
posted by さがみ at 22:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月20日

真っ暗

昨日の竜王戦は羽生4冠の勝ちでした。
棋譜やネットでの解説を見ている感じだと、渡辺竜王が勝ちそうに思えたのですが、実際はそうではなかったようです。
すごいのは、「実際はそうではない」ということに気が付いていたのが羽生4冠だけだったということ。
これはもう、相当異質な感覚というほかありません。
誰も気が付いていない将棋の本質に気が付いているからこそ、第一人者になれるのでしょうね。
とはいえ、7番勝負ですから先は長い。
渡辺竜王は、若さに似合わずしぶといというか、負けが先行しても苦にしないところがありますから、まだまだわかりません。

さて、今日帰ってきたら、なぜか電気がつきません。
蛍光灯が切れてしまった、と思うのですが、昨日はまったく問題なかったんですけどねぇ。
そういえば、2つ付いてる蛍光灯のうち、1つは引越し当初からつかなかったんですよね。
こちらは蛍光灯の問題ではないようなのであきらめましたが、今度のはどうなんでしょう。
電気がつかない部屋で暮らすというのは、さすがに私でも不便を感じるので、明日新しい蛍光灯を買ってこようと思います。
・・・あ、そういえばセッケンがないから買ってこようと思っていたんだった。
忘れっぽい性格はどうにかならないものでしょうか。
posted by さがみ at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月19日

「仮面舞踏会」他

最近はすっかり涼しくなりました。
とはいえ、過ごしやすい日々もずっと続くわけではありません。
今年はどこかに紅葉でも観にいこうかな、と思ってるうちに冬になっちゃうんですよね。

さて、今日は渋谷のBUNKAMURAオーチャードホールでコンサートを聴いてきました。
先週、上野の東京文化会館で観劇したオペラのことも併せて感想を書いてみます。

10月11日(土)
東京文化会館
ソフィア国立歌劇場
ベルディ「仮面舞踏会」

いきなり本題から外れますが、この日は中央線が途中で止まってしまうというハプニングに。
開演時刻を若干過ぎてしまいました!
が、ぎりぎりで間に合ったようで、中に入れてもらえました。
まだ運が残っていたようでしたが、少し時間に余裕をもって移動しないといけませんね。
まあ、それができるようなら苦労しませんが(笑)。

イギリスの植民地ボストンが舞台。
総督のリッカルドは聡明で寛大な人物で尊敬を集めていたが、秘書レナートの妻アメリアに恋をする。
ある日リッカルドは、占い師に、最初に握手をした友人に殺されると言われてしまう。
そこに、リッカルド暗殺計画のことを知ったレナートが駆けつけてきて、リッカルドと握手をしてしまう。
リッカルドの忠実な部下であり友人でもあるレナートがそんなことをするはずはないと周囲の人間も安心するが、リッカルドとアメリアが逢引をしていることを知ってしまったレナートはリッカルドを殺す決意をする。
そんなことは知らないリッカルドは、仮面舞踏会にレナートとアメリアを招待する。
この舞踏会でアメリアと最後の逢瀬を楽しみ、レナートとアメリアをイギリスに帰すことでアメリアとの恋を終わらせることを決めていた。
舞踏会でリッカルドとアメリアは出会うが、その現場を目撃したレナートはリッカルドを殺してしまう。
息絶える前に、リッカルドはレナートとアメリアをイギリスに帰すつもりだったと告白し、誰一人罪に問うてはならないと言い残す。
恐ろしい夜だ、という合唱で幕を閉じる・・・。

あらすじだけは読んでおきましたが、「フィガロの結婚」のときのようにDVDを観たりはしませんでした。
多少不安もありましたが、始まったらあっという間の2時間30分でした。
作りが凝り過ぎていないというのもあるのでしょうが、初見でも気楽に楽しめる作品で、悲劇ではありますが、それほど重いものではなく、あまり後に引きずらないラストだったと思います。
リッカルドとの逢引を知ったレナートがアメリアを責め、アメリアがそれに応えるアリアは見事でした。
怪しい雰囲気がたっぷりの女占い師ウルリカ、リッカルドの小姓で明るく軽快なズボン役(女性が男の役を演じる)のオスカルなどの脇役も観ていて楽しかったです。

これを観て感じたのは、オペラというのは思っていたよりもずっと気楽に楽しめる作品なんだということ。
歌と音楽で進められていくので展開がゆっくりで、映画や演劇よりも余裕をもって観ることができます。
安いチケットでいいから、もっとたくさん観てみたいと思いました。
会場できれいなオペラグラスが売っていて、手持ちがなかったのと、さすがに衝動買いするにはためらう値段だったのであんまり見ないようにしていましたが、いつか手に入れたいですね。


10月19日(日)
オーチャードホール
東京フィルハーモニー交響楽団

ドヴォルザーク
「スラブ舞曲集」より
第1集第4曲 ヘ長調
第2集第2曲 ホ短調
第1集第8曲 ト短調

先日の母校のオケに続き、またスラブ舞曲集を聴くことになりました。
第2集第2曲を聴くのはこれで3回目ですが、今回のは今までで一番情感を持たせようとした演奏でした。
ところが、余韻に浸る間もなく、次の第1集第8曲が圧倒的なボリュームで始まって、かなりびっくりしました。
このメリハリが狙いだったんですね。


ドヴォルザーク
チェロ協奏曲 ロ短調

以前ピアノ協奏曲を聴いたときに、ピアノは他の楽器に比べて異質な音だと感じ、ピアノ協奏曲を聴くのは難しいなと思いました。
ところが、それは間違いというか、そもそも協奏曲というのが簡単には理解できないものなんだと認識を改めました。
ソリストが自己を主張しながらもオーケストラとの調和も取るわけですから、単純ではないですよね。
私は、少しソロの方に気を取られ過ぎてしまったかもしれません。
それでも演奏が終わると会場からは大きな拍手。そういえば、雑音もほとんど聞こえず、会場と演奏者が一体となった良い演奏だったと感じました。
アンコールで、童謡の「赤とんぼ」がチェロだけで演奏され、これも素晴らしかったです。
ソリストのルイジ・ピオヴァーノ氏はイタリア人で、日本の童謡を情感豊かに演奏するギャップも面白かったですね。


ショスタコーヴィチ
交響曲第9番 変ホ長調

ラストはショスタコーヴィチ。
20世紀の巨匠、だそうですが、私は聴いたことがありませんでした。
というわけで、どんな曲なのか楽しみにしていましたが・・・。
解説には「冗談のような音楽」と書かれていましたが、たぶん私には何が冗談なのかなんてわからないだろうと思っていました。
ところが演奏が始まってみて驚きました。
何という奇妙な音楽だろうかと。
狐につままれたような感じとでもいうのでしょうか、あんまり素直じゃない作品だと思いました。
崩れていそうで、ぎりぎりのところで微妙なバランスを保っている、という感じでした。
モーツァルトの「音楽の冗談」も奇妙な音楽で、そちらはもう明らかに崩れているのに対して、こちらは崩れそうで崩れないという感じ。
とはいえ、聴衆の中には少し集中力の続かない人も出てきたようで、ちょっと雑音が聞こえてきましたが、仕方ないのかもしれません。
演奏が終わったときも、これで終わりだとはわからず、観客の拍手が始まってもしばらくは動けませんでした。
最近は、最後のフィナーレの部分に入るとなんとなく雰囲気が変わることを感じ取れるようになってきましたが、この曲はさっぱりわかりませんでした。
終わってもわからないくらいでしたから(笑)。

それにしてもショスタコーヴィチというのはなんだか面白いですね。
今回のは特別変わった曲で、他の曲までこんな感じではないようですが、興味を持ちました。
これから少し意識的に、この作曲家の音楽を聴いてみたいと思います。


さて、来週は将棋の社会人リーグに出るので、クラシックはしばしお休み。
来月以降の予定も立てていませんが、今年中にもう少しコンサートに行ってみたいと思っています。
手頃なものがあれば誰かお誘いするかもしれませんが、そのときはどうぞよろしく(笑)。
それと、今日はパリで将棋の竜王戦第1局が行われています。
現在4連覇中の渡辺明竜王に羽生善治4冠が挑戦する7番勝負。
勝った方が初代永世竜王になるということで、注目されています。
羽生4冠は先日の王位戦で深浦康市王位に敗れ、7冠制覇はなくなってしまいましたが、永世竜王がかかり、また圧倒的な第一人者羽生4冠と次代を担う若き天才渡辺竜王とのタイトル戦ということで、先の名人戦と同じくらい注目が集まっています。
時差があるので、終局は今日の深夜になるそうですが、ネット中継では「ウェブ進化論」の著者梅田望夫さんが記事を書いていてなかなかおもしろいので、興味のある方はどうぞ。
http://live.shogi.or.jp/ryuou/
posted by さがみ at 23:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月07日

セミ

今日は暖かい、というより少し暑いくらいでした。

突然の陽気に誘われたのか、セミが鳴くのを聞きました。
さすがに10月にセミの鳴き声を聞いたのは初めてです。

季節はずれのセミは、いくら鳴いても相手が現れることはないのかと思うと、少し哀しくなりますね。
でもまあ、地下での暮らしが楽しくなかったのかといえば、案外そうでもないのかもしれません。
羽化してからのセミは毎日大変そうですから、地下での暮らしの方が悠々自適で良いのかもしれませんし。

それにもしかしたら、同じような季節はずれとめぐり合うことがあるかもしれません。
それはそれで、ロマンティックではないですか。


・・・などと考えたりしていましたが、そんな評価をされることなど、セミにとっては何の意味もないのですよね。
私が直接何かをしてあげるわけではないのですから、まったく身勝手な話です。

そう、いつだって私は身勝手なのだ・・・
posted by さがみ at 23:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月06日

コンサート、のち…

予告どおり、定期演奏会に行ってきました。
母校のオーケストラの卒業生が中心でやっている定演で、私が行くのはこれで3回目です。

曲目は、ブラームス「ハイドンの主題による変奏曲」、ビゼー「アルルの女」、ドヴォルザーク「交響曲第7番ニ短調」でした。
どれも有名な曲ばかり…だと思いますが、私が知ってたのはアンコールで演奏されたドヴォルザーク「スラブ舞曲集第1番」だけでした…。

前回聴いたのが2年前で、ちょうどクラシックに興味を持って聴くようになった初めの頃。
この2年間で、CDを聴いたり何回かコンサートにも足を運んできたので、多少は聴く力も付いてきたと思います。
それで今回感じたのは、このオケがとても上手だということ。
初めこそ緊張しているのかなと思ったりしましたが、途中からはすっかり引き込まれてしまいました。
知り合いも出ていましたが、やっぱり音楽ができるのはうらやましいな、と思った次第です。
内容については、私などではとても表現できませんが、「アルルの女」ではフルートの独奏が見事でした。

演奏会の後は、せっかく近くまで来たので、と大学に足を運ぶと、すっかり髪型がおとなしくなった音楽家に遭遇。
今月から非常勤で1コマ(歴史学の)授業をしているそうで、本人いわく授業はうまいとのことなので、がんばってほしいですね。

その後、別のところで飲んでいた先輩方に合流。
久しぶりにお会いして、楽しい話を聞かせてもらいました。
そういえば、大学院にも進んでない私が専門家の人達に交じってお酒を飲んでいるというのも不思議な話です。
どこの大学院だっけ?と聞かれるのも当然かもしれませんね。


すばらしい一日でしたが、最後に1つだけ残念なのは、洗濯物を干しっぱなしだったことです…。
posted by さがみ at 00:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月04日

2年ぶり

ご無沙汰しております。
最近は特に変わったこともなかったので、更新をサボっておりました(苦笑)。

もっとも、世間的には、金融不安やら失言騒動やらでなかなか騒がしいようですね。
中でも、中山成彬さんの閣僚辞任から選挙不出馬(=引退?)は不可解というか、はなはだ迷惑な話です。
政治の世界は、基本的には必然の積み重ねであるはずで、中山さんの一連の騒動にも明確な因果関係があるのでしょう。
しかし、所属する党にも政府にも悪影響を与え、金融不安で大変なときに政局を不安定にしてしまったことは、まともな政治家としてはありえない話です。
このような行為が許されるものではないということは、有権者としてはっきりと言っておきたいと思います。

さて、明日は母校のオーケストラの定期演奏会があるので、行ってこようかと思います。
思えば2年前、雨の降る中、今は亡き愛車に乗って、むさすのくにさんとコンサートに行ったのでした。

コンサートの詳細はこちらで。
http://www.tmu.net/

リンク先に無料招待状があって、印刷して持っていけば無料です!
しかし、私はプリンタがないのでおとなしく500円払うことにします(笑)。
多摩センター駅から歩いてすぐ、駅からまっすぐ行くだけなので私でも迷いません(笑)。
13時30分開場、14時開演です。
お近くの方は足を運ばれてみてはいかがでしょうか。

posted by さがみ at 20:48| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。