2008年11月24日

プロ棋士の脳

久しぶりの更新になりました。
すっかり寒くなって、もう冬ですね。

昨日はこちらのイベントに行ってきました。
「サイエンスアゴラ」
http://scienceportal.jp/scienceagora/agora2008/

「将棋棋士の『直観思考』を科学する!」という題でシンポジウムがありました。これは理化学研究所(理研)と将棋連盟が協力してやっている、将棋とプロ棋士を素材にした脳科学の研究の中間報告会ということです。
プロ棋士が将棋の指し手を決めるとき、そのほとんどが直観だといわれています。
「第一感」とか「ひと目」という表現がよく使われますが、指し手を読むのはその直観が正しいかどうかを検証している作業なんだそうです。
そこで、プロ棋士やアマチュアの初級者〜高段者に様々な将棋の局面を考えてもらい、そのときの脳波などを測定して、一般の人とプロ棋士の違いや、人間の直観についての研究をしているんだそうです。

プロ棋士とアマチュアでは将棋を考える際に働く脳の部位が違うなど、なかなかおもしろい話が聴けました。
まだ中間報告ということで、これから研究が進めばもっとおもしろい発見がたくさん出てきそうで楽しみです。

シンポジウムの後は、少し時間があったので、サイエンスアゴラの会場を見て回りました。
様々なテーマでパネルなどが展示されていて、ブースに行けば専門家の話を聞けるようになっています。
宇宙エレベータや体内時計の話から、科学に関して市民と交流や議論をするための能力開発プログラムなど、こちらもなかなか楽しめました。


ここに行って感じたことですが、理系の方が文系よりも情報を発信しようとする意欲が強いような気がしました。
ただ、もうちょっと工夫する余地があるんだろうなとも思いましたが。
本来ならこういう場に文系の人間が参加するべきなんでしょう。

文系も理系も、同じ学問という体系の中の分野に過ぎませんが、大雑把にわけてしまえば、知識や技術の蓄積の比重が大きいのが理系で、知識や技術に意味づけをする比重が大きいのが文系だと私は考えています。

脳の部位の働きが違う、と言われても正直ピンと来ないものがあります。それだけでは、何ら意味を持たない、単なる事実に過ぎません。
もちろん、中間報告会ですし、それにもかかわらず理研の研究者の方たちからは、そこにどんな意味があるのかということをできる限り伝えたいという気持ちが伝わってきました。
しかし、それは文系こそが得意とする分野であって、本来なら文系の専門化がプロジェクトに参加しているべきなのです。
将棋連盟は、将棋という文化のプロ集団ですが、決して学問の研究者ではありません。
将棋連盟が素材を提供し、理研がデータを計測し、文系が加わって意味づけをするのが理想の姿ではないかなと思いました。


というわけで、もっと文系と理系の交流が進めばおもしろいんじゃないかなと。
文系と理系の若手の研究者で、合コンでもしてみてはいかがです?(笑)
posted by さがみ at 11:38| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。