2008年06月17日

羽生19世名人誕生

昨日から天童市で行われていた、将棋の名人戦第6局が先ほど終わり、挑戦者の羽生善治王座・王将が森内俊之名人に勝利。
4勝2敗で名人位を奪取した羽生さんは、通算5期獲得で19世名人の資格保持者となりました。

中学生でプロ棋士となり、19歳で竜王のタイトルを獲得、将棋界の全タイトル7冠王になるなど、常にトップを走り続けてきた羽生さんでしたが、名人位はなかなか獲得数を増やすことができず、昨年、同世代のライバルである森内さんが先んじて18世名人の資格保持者となっていました。
今回の名人戦は、羽生さんの19世名人獲得なるかということで、非常に注目されたシリーズでした。
関係者やファンの間でも、しばらく余韻の残る名人戦になるかと思います。

もちろん、偉大な記録ではありますが、まだまだ通過点に過ぎません。
これからも、羽生さん、ライバルの森内さんや佐藤2冠も、さらに進歩し、歴史に残る対局を繰り広げてくれるはずです。
posted by さがみ at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 将棋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/100868390

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。