2008年07月21日

『歩いても歩いても』

久しぶりの更新になりました。
特に何かあったわけでもないんですが、なんとなく忙しくてすっかりほったらかしに(笑)。

今日は、これまた久しぶりに映画を観にいきました。

『歩いても歩いても』
監督:是枝裕和
出演:阿部寛 他

海沿いの街に住む老夫婦の元に、久々に子どもたちが家族を連れて集まった。
この日は、15年前に死んだ老夫婦の長男の命日だったのだ。

何の変哲もない日常に、家族ならではの絆や葛藤が、会話や表情をとおして丁寧に描かれていて、感動というのとは少し違いますが、観終わってなんだかいい気分になりました。

特にストーリーがあるわけでもない、いわゆる家族劇という作品ですが、観る人によっていろいろな感慨を抱くのだろうと思います。
長男の命日という一日を描いているのですが、けっして暗い感じだけではなく、楽しさや明るさや悲しさを織り交ぜて、どちらかといえば楽しい気分で観られる映画でした。

そういえば、『歩いても歩いても』というタイトルは、なかなかおもしろいですね。
実は、なぜこのタイトルなのか、私にはいまいちわからなかったんですが(笑)。
私もブログの記事を書くときは、いつもタイトルに苦労します。
・・・って、そんなことと比べてもしょうがないか(笑)。


たまには映画を観るのもいいものですね。
posted by さがみ at 21:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりです。
元気そうで何よりです。

さて、映画のタイトルですが人生を例えてつけているのではないでしょうか?

歩いても歩いても後少しだけ幸せに届かない。でもそんな状態を愛すのもまた人生。

似た感じの公開中作品に「百万円と苦虫女」という物があるのでそちらも観たらいいと思います。
蒼井優がますます好きになるはず!
Posted by せ at 2008年07月21日 21:23
>「せ」さん

なるほど、人生を例えて、ですか〜。
深いですね。

歩いても歩いても・・・の後に続く言葉は、人それぞれなんでしょうね。


蒼井優・・・といわれても、私は全然知らないしなぁ。
まあ、私の分まで「せ」さんがますます好きになってくださいな。
Posted by さがみ at 2008年07月23日 23:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/103320362

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。