2008年09月17日

羽生善治

今日は、AIGにアメリカ政府が巨額の融資ということで、しばらくはこの手の話題が尽きない感じがします。

さて、今日は将棋の王座戦第2局が行われました。
羽生善治4冠に木村一基8段が挑戦している王座戦ですが、羽生4冠が勝って成績を2−0とし、王座17連覇まであと1勝としました。
今年に入って羽生4冠はやたらと勝ちまくっていて、名人と棋聖のタイトルを奪取し現在4冠王。王座は防衛まであと1勝、深浦康市王位に挑戦している王位戦では3勝3敗で最終局を残しており、10月から始まる竜王戦の挑戦者にもなりました。
1996年に全7冠を制覇したことは有名ですが、いま再び7冠王になるのではないかと言われています。

将棋のタイトル戦は、地方で、しかも平日に行われることがほとんどなので、まだ観に行ったことがないのですが、7冠王の可能性があるうちに一度観戦に行ってみたいですね。
posted by さがみ at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 将棋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/106720673

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。