2009年05月04日

風景

ちょうど富山駅に着いたところ。
金沢まであと40分ほどでしょうか。

越後湯沢までは新幹線で、そこから特急に乗り換え。

電車での移動は、長時間拘束されるので読書にもってこいですね(笑)。
将棋の関係でいま話題の、梅田望夫『シリコンバレーから将棋を観る』を読んでます。
まだ半分も読んでませんが、非常におもしろい、名著だと思います。

合間に外の景色を眺めています。
黒部川を渡るとき、その先に見える山並みには雪が残っていました。
東京ではお目にかかれない風景ですね。

それとおもしろいのは、民家の屋根の形が変わっていて、「へ」の字のように傾斜が急な部分となだらかな部分とで作られていました。
雪に対応した工夫なんでしょうね。
全ての家で、というわけではなく、比較的新しい家でこのような形の屋根が多いようです。
posted by さがみ at 10:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。