2009年06月04日

健康診断

医療機器の進歩がどのくらいのものかわかりませんが、
1年に1回病院に行ってると、少しずつ変わってたりするんですね。
今年は血圧を測る機械が、ずいぶんとお手軽な感じになっていました。
お手軽そうに見えても性能は良いのでしょうけど。

採血をしてくれたのは、若くてかわいい女性でした。
まあ、そんなことは健康診断と本当に全然関係ないんですが、
採血の前に血圧を測るとき、新型の(お手軽な)器具の使い方を間違えてました。
指導役(?)の看護師さんがそのことを指摘してくれなかったら、
どうなっていたんでしょう?
もしかして新米か、と嫌な予感がしましたが、まさか代えてくれても言えません。
どこに針を刺せばいいんだろう、というような感じで腕を見ていましたが・・・

かなりドキドキしましたが、何事もなく終了。
いやあ、若いといってもプロですからね。
そんなに失敗ばかりするわけもありません。
その他の検査も問題なく終わって、あとは結果を待つだけです。
特に去年と変わったところもなかったのですが、視力が落ちました。
そろそろ新しいメガネが必要かもしれません。

と、無事に終わった健康診断だったのですが、
どうやら私は運が良かっただけなのかもしれません。
あとで聞いたら、今年も被害者が何人か発生していたそうです・・・
posted by さがみ at 00:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
採血ってこわいものなんですね。
なかには目隠ししてやってる人もいましたね。逆にこわいとおもうけど。

とにかく無事に終わってよかったね。
Posted by 雨晴らし at 2009年06月06日 11:00
>雨晴らしさん

それはもう、針を刺して血を吸い取るんですからね。
こわいこわい・・・

目隠しというか、私も目をつぶってます。
針が刺さる瞬間を見ていたくないんですよ。

ほんと、無事に終わってよかったです。
Posted by さがみ at 2009年06月07日 22:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。