2006年04月16日

名人戦移行問題

久しぶりの更新です。全世界1千万の、さがみのくにファンの方には更新が遅くて申し訳なく思っています。

実は私の趣味は将棋なんですが、将棋のことを書いても同好の人しかおもしろくないと思い、ブログには書かないようにしています。将棋のことを書くときは、誰でも興味がもてる内容にしたいと思っています。
さて、既に知っている人もいるでしょうが、いま将棋の名人戦の主催者が、毎日新聞から朝日新聞に移行するかもしれないという事態が起きています。
将棋界の在り方はもちろん、実はこれからの日本社会の在り方の転換点になるかもしれない事態だと考えているので、今後も継続して記事を書いていきたいと思います。
まずは将棋界についての基礎知識から。将棋にはプロがいます。現在プロ棋士は200人弱。そして彼らが所属し、彼らをまとめる役割を果たしている機関が、社団法人日本将棋連盟です。このプロ棋士たちにお金を出しているのは、基本的には新聞社で、読売・毎日・朝日の三大紙はもちろん(この順番は現在の日本将棋連盟での順位による)、東京・産経・日経・共同通信・赤旗、その他地方紙でも何らかの基戦を主催・共催してお金を出しています。他にはJT、NHKなどが基戦を主催しています。
プロ棋士は、一応基本給もありますが、主にはこれらの基戦に出場して対局料をもらい生計をたてています。
こうした基戦の中で、格付けが高いものがタイトル戦と呼ばれ、今回問題となっている名人戦は現在毎日新聞が主催しているタイトル戦で、将棋界では最も伝統があり、そして最も権威があるとも言えます。
この伝統と権威ある名人戦が、毎日新聞主催から朝日新聞主催に移るかもしれないというのが、私が名人戦移行問題と呼ぶ事態です。

おそらく一般的にはあまりなじみがなく、複雑な話だと思いますので、なるべくわかりやすい説明を心がけますが、その分記事が長くなってしまうかもしれません。また、私の情報不足、実力不足のために、どれほど内容ある記事が書けるかもわかりません。ただ、このブログを見て、将棋に興味をもってくれる人がいるならうれしい限りです。そうした期待と、私自身の思考を進める意味も含めて、この問題について書いていこうと思います。
posted by さがみ at 08:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 将棋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。