2007年02月15日

いっこく堂と怪人二十面相の共通点

昨日、予備校帰りに近所のコンビニに寄ったら、レジの店員さんが「いっこく堂」に似ていました。あ、人形じゃなくて人間の方ですよ。
いっこく堂を最初にテレビで見たときは衝撃でした。そもそも腹話術をあまり見かけなかったんですから。当時の私には、腹話術といったら、怪人二十面相が暗闇の密室のなかで腹話術を使ってあたかもその場から遠ざかって逃げているかのように思わせたトリックしか思い浮かびませんでした。
さすがにテレビに出るだけあって、いっこく堂の腹話術は、腹話術でここまでできるのかと脱帽するほどの技術と演出でした。
王選手や長嶋選手を見て野球をやるようになった子ども達がいるように、いっこく堂を見て腹話術をやるようになった子ども達の中から、将来いっこく堂を越える技術を披露してくれる人が出てくることでしょう。ちなみに、さがみのくにを見てる人達からは…。

で、いっこく堂に絡めて予備校のことを書こうと思ったのですが、前回、経費のことを書くと予告してしまったので、約束を守るというかノルマを守るというか。
会計士を目指してるわけですが、大手ではなく中堅校にしました。理由は単純に受講料が安いから。割引キャンペーンをやってまして、たしか14万円オフで、約42万円でした。大手では50万を下らないのですが、この差は現状では非常に大きいということです。ただし、2年間のローンを組んだので金利が約5万円ほど。よって月に約2万円ということになりました。
基本的にはこれだけですが、実はこの他にも経費がかかってきます。まず、交通費。1回通うのに電車賃が往復で260円。そして、夕食代。別に予備校行かなくたって食費はかかるんですが、やっぱり外食と自炊では金額が違います。ちなみにここまでの平均は約370円。自炊した場合の金額を大雑把に出すと、だいたい200〜250円くらいですから、150円くらい高いということになります。
一日の交通費と食費の合計を計算しやすく400円として、1ヶ月に10回予備校に通ったらいくらになるか。
400×10=4000、が1ヶ月の経費。1年では48000円となります。ちなみに私の受講するコースは2年半ですから、その間120000円かかることになります。
つまり、最初の受講料が約48万円だとして、その他にも約12万円がかかることになるんですね。合わせると60万円です。
未来への投資ですから安いものですが、受講期間が終わったら、資格も貯金も全くナシという状況になるかも…。
posted by さがみ at 19:21| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご無沙汰してます。ご旅行とか楽しまれているようで何よりです。それにしても会計士の予備校通いとは、思い切りましたね〜。資格とって将来お給料アップしてもとがとれるとよいですね。がんばってください。
Posted by 雨晴らし at 2007年02月16日 21:41
〉雨晴らしさん

旅行は、楽しくもあり大変でもあり。何度も書いてますが、方向音痴を何とかしないといけません。まあ、無理でしょうけど(笑)。

会計士は、たしかに決断でしたが、実はもうそんなに余裕がある年齢でもないんですよね。その辺のことは、記事にできればと思っています。
Posted by さがみ at 2007年02月17日 19:26
さがみのくにを見ている人は…(笑)

というかさがみのくにを見てブログを書き始めた人はいそう。

予備校通学、大変そうですね。
一駅なら安い折り畳み自転車を買って天気のいい時だけそれで通ってはいかがでしょうか?
車で旅行する際も積んでいけますし、自転車に乗る事で気分転換と運動になる気がします。
Posted by くわとろさん at 2007年02月26日 23:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。