2007年12月09日

新しい刺激

なかなか大変な一週間だったので、今日はゆっくり過ごして疲れを取ることにしました。
髪を切り、喫茶店でブログの更新でもしようと思ったのですが…。
多少有名なお店でしたが、お昼も過ぎたというのにずいぶんと混んでました。しかも、なぜか子ども連れが多く、騒がしいのなんのって(笑)。ひどく泣く子がいて、30分くらい延々と泣き続けた挙句、母親に連れられて出て行きましたが、外に出てからも泣き声が聞こえてきてました。
これじゃあ、ゆっくりするどころじゃありませんね。


なぜか、会社で製品を海外に売ることになりまして、いわゆる貿易ってやつですね。やったことも見たこともないのに、いきなり英文の書類を訳せって…そりゃあちょっといくらなんでもじゃありませんか(笑)。
学生のときちゃんと勉強しておくんだったなと思いつつ、1日がかりで取り組んでました。最近は、こうしたこともネットで調べられるようになっていて、意外に何とかなったなあと。いや、本当にあってるのかどうか怪しいんですが、もうこれで許してほしい(笑)。
今後も続くかどうかわからないんですが、せっかくなので貿易の本とか買って勉強しようかなと。本だけは買うんですよね、いつも(笑)。


そして、昨日はコンサートでした。急な、しかも割りと自分勝手な誘いだったにもかかわらず、3人も集まっていただきまして、ありがとうございました。
文京シビックにて、ベートーヴェン/ピアノ協奏曲第3番とドヴォルザーク/交響曲第9番「新世界より」他で、充実の2時間でした。

以前にも書いたかもしれませんが、ピアノという楽器は、他の楽器とはずいぶんと異質な音を出すように感じます。ピアノ協奏曲は、ピアノとオーケストラの融合、ですが、これがまた難しい。もうちょっと聴いてみないといけないみたいです。
ドヴォルザーク「新世界より」は、有名な曲ですね。聞いたことあるフレーズも多いかと思います。コンサートホールで聴く「新世界より」は、さすがの迫力。演奏者と楽器を酷使するかのような第3楽章は圧倒されました。

来週はチェコ・フィルの室内楽ですが、オーケストラとは違う感動が得られると期待しています。
あ、そういえばコンサートの後のことをまだ考えてなかった。ちゃんと調べておきますので、詳細はもうすこしお待ちください。
posted by さがみ at 20:55| Comment(1) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
土曜日はすみませんでした。

来年、「ラフマニノフ ある愛の調べ」という映画があるそうですよ。
Posted by せ at 2007年12月13日 23:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。