2007年12月21日

1000勝

昨日、将棋のA級順位戦、羽生善治二冠と久保利明八段の対局が行われ、日付が変わるころに終局しました。羽生二冠はこの対局に勝ち、史上8人目となる通算1000勝を達成しました。史上最速・最年少・最高勝率という偉業で、今後この記録は破られないのではないかと思います。

戦型は、ゴキゲン中飛車超急戦。開始から20手も経たずに終盤に入るという激しい展開の将棋でした。久保八段は最近この将棋をよく指していて、研究も充分だと思われます。1000勝と名人挑戦に大きく影響するA級リーグ戦という大一番で、あえて激しい展開に飛び込んでいくところに、羽生二冠の凄さを感じます。
さらにこの戦型は、かつて谷川浩二九段との対局に敗れ、谷川九段の1000勝達成を成さしめた因縁もあります。淡々としているようで、意外と勝負に強いこだわりのある羽生二冠ですから、その辺のことも意識して選んだのかもしれません。

天才たちがしのぎを削る勝負の世界で、毎年様々な記録やドラマが生まれますが、この1000勝はここ数年の将棋界でも代表的な記録になると思います。
posted by さがみ at 01:41| Comment(5) | TrackBack(0) | 将棋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
一日早いお誕生日プレゼントをどうぞ!

しかし、私の日記に負けないマニアック投稿ぶりですね。
Posted by at 2007年12月22日 20:46
〉せんたんさん

ありがとうございます。
しかし、なぜシーラカンス…?
Posted by さがみ at 2007年12月23日 00:40
お誕生日おめでとうございました。
ちょっと10分ほど過ぎてしまいました…。
これから一年、いい将棋ができるといいですね。
Posted by 雨晴らし at 2007年12月24日 00:11
〉雨晴らしさん

ありがとうございます。

いい将棋ですか(笑)。そうですね、がんばります。


でも、これじゃなんだか将棋ばっかりしてるみたいですよね。一応、仕事とか勉強とかも……あんまりしてないか(笑)。慧眼です。
まあ、将棋にこだわるのには、それなりに理由があるんですけどね。

将棋以外も、もうちょっとがんばろうっと。
Posted by さがみ at 2007年12月24日 23:29
やはりさがみさんの好きなものですから。

ところでそろそろ映画評論をお願いします。
個人的には「かぞくのひけつ」を希望します。こてこての大阪話をどう料理するのか知りたいです。

Posted by せ at 2007年12月26日 15:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/73831515

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。