2008年02月25日

コストパフォーマンス

土曜はすごい風でした。砂ぼこりのせいか、空が茶色くなってましたね。

そんな中、久しぶりに映画を観に行きました。例によって映画館に着いてから作品を選んだのですが、なんか去年の今頃に比べると、興味をひく作品が少なくなりました。映画に慣れたせいなのか、それとも実際に面白そうな映画が減ったのか…。

結局、「エリザベス ゴールデンエイジ」を鑑賞。16世紀のイングランドの女王、エリザベスT世を描いた作品。
思った以上に良い作品でしたが、時代背景など前提知識がなくてよくわからない部分もあったので、パンフレットを購入。すると、10年前に前作があって、今回はその続きなんだとか。
せっかくだから、前作も観ようとTSUTAYAに行ったら、残念ながらおいてませんでした。

立川で探してみようと思いつつ、全然関係ありませんが「ティファニーで朝食を」を借りました。
さすが名作と呼ばれるだけあって、こちらも面白かったです。ただ、「名作」というのは、おそらくその当時の世相にぴったりはまったからこそ誕生するのであって、時間も文化も違う状況にいる私には感じ取れない部分があるのかもしれません。


電子チケットぴあで、ラ・フォル・ジュルネの先行発売分を予約しようとしたら、インターネット販売のシステムに障害が出たそうで、利用できなくなってました。明日以降に延期です。
ついでに3月のオペラの公演を調べてみたら、9日にサントリーホールで行われる、モーツァルトの「フィガロの結婚」に、まだ空席がありました。日程的にもちょうどいいし、観ようかなあと思ったんですが、一番安いD席で1万1千円、最上のS席では2万2千円…。
オペラなら普通の値段なんでしょうが、ちょっとした決心が必要ですよね。せっかくだから良い席で観たいと思ったんですが、上記のとおり今日はネット販売ができないので、とりあえず先送りに。
システム障害のおかげで、考慮時間ができました(笑)。

こうしてみると、映画は安いですよね。少なくとも、私のサイフはオペラよりも映画を推奨しているようです(笑)。
posted by さがみ at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。