2008年03月04日

オペラ

一昨日の日曜は、むさすのくにさんと立川の喫茶店へ。
雑誌を見て適当に決めたのですが、雑居ビルの一室をそのまま喫茶店に仕立てたところで、思った以上に良い雰囲気でした。会話も弾み、とても楽しい時間を過ごせました。
私は、話すことで思考を進めていくタイプなので、こうした機会は本当に貴重です。

気が付けばもう3月で、久しぶりの更新になってしまいました。何もなかったわけではなく、むしろブログのネタになるようなことはいろいろあったのですが、忙しさを理由につい手を抜いてしまうんですね。


ラ・フォル・ジュルネは、何枚か先行販売のチケットを購入したので、いずれ紹介しようと思います。
その前に、迷っていた今度の日曜のオペラを観に行くことにしました。まだチケットは余っているみたいです。安くはありませんが…。
そう、結局2万2千円のS席にしました。今月はちょっと家計が厳しいのでどうしようかと思ったのですが、ネットで購入すればカード決済なので支払いは来月ということに気付き、じゃあいいかと(笑)。

3月9日、赤坂のサントリーホールで、モーツァルトの「フィガロの結婚」です。
オペラを楽しむには予習が必要ということを何かで読んだので、まずはDVDで鑑賞しようと探したのですが、残念ながらTSUTAYAには置いてませんでした。まあ、当然か。
そこで、CDショップを探したら、ありました。小学館の「魅惑のオペラ」というシリーズ、その第1巻が「フィガロの結婚」でした。3990円で、3時間の全幕収録DVDと初心者向けの解説書が付いていて、なかなかお買い得。しかし、家にDVDプレイヤーが(どころかテレビも…)ないので、観るのにもまたお金がかかるんですね。
今思えば、ちょっとした図書館ならこういうのも揃えてるんでしょうね。と、買ってから気付く(笑)。

そんなわけで、行きつけの漫画喫茶で観たんですが、これが予想以上におもしろい!
喜劇ということもあって、初心者でも楽しめる作品だと思います。
歌と音楽と芝居が全て入って一つの芸術を為しているわけで、これは生で観てみたいと思い、チケットの購入を決めました。
今から楽しみです。
posted by さがみ at 23:59| Comment(5) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
オペラ鑑賞とは凄いですね。

レポ期待しております。
私もクラッシックやオペラの良さがわかる人になりたい。
Posted by せ at 2008年03月05日 08:19
■先日は貴重な機会をありがとう!
相変わらずさがみさんは楽しみを見出すことが得意で、
見習いたい点多々でした!

車、予備校、キャバ、クラシック、オペラ、ゲーセン…
なんでも愉しそうな人って魅力的です!
今日はひとりケーキを作ろうと思っています。
Posted by むさすのくに at 2008年03月09日 13:08
〉せんたんさん

音楽や演劇の素養がない私には、本当の意味で「良さが分かる」ということはないと思います。
ただ、クラシックにしろオペラにしろ、劇場で鑑賞して感動を得ることは、誰にでも(好き嫌いはあるでしょうが)できることではないかと。
とりあえず今は、それで充分だと思ってます。


〉むさすのくにさん

いやいや、私はただ興味の向くままに手を出してるだけですから。
話したように、ただ受容してるだけではあんまり意味がないんじゃないかと思ってます。

ケーキ作り、良いですね。むさすのくにさんが言われた、「料理は最も安価な贅沢」というのは、本当にそのとおりだと思いました。
みんなで集まって、一品ずつ料理を作るという話、ぜひいつかやりましょう。
Posted by at 2008年03月09日 15:30
なるほど。
生のライブ感が重要とは。

お料理会ですが、もうすぐ花見のシーズンですし、その時とかいい機会かと思います。
Posted by せ at 2008年03月10日 12:17
〉せんたんさん

名古屋なら公演もたくさんあるみたいなので、一度行ってみると良いと思います。

今月はちょっと忙しいので企画をたてるのはしんどいですねぇ。余裕ができたら考えてみます。
Posted by さがみ at 2008年03月14日 01:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/88301799

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。