2008年05月22日

メシアン

昨夜のこと。
会社の人とお酒を飲み帰宅。
少し空腹を覚え、カップラーメンを食べようとお湯を沸かしました。
ちょっと深刻な考え事をしながら、やかんのお湯をラーメンに注ごうとしたら、手が滑って…

アッチ〜〜〜〜〜!!!

熱湯を全部ぶちまけてしまいました(笑)。
あちこちやけどして、あわてて水で冷やしましたが、さすがに痛みが消えるわけもなく、こぼしたお湯も拭き取らなきゃいけないしで、大変な状況でした。
今朝にはだいぶ痛みも引いていて、たいしたことなかったようですが、それでもひりひりとした感じは残っています。

それにしても、水の沸点が100度で助かりました。
もし沸騰するのが100度よりずっと高い温度だったら(矛盾した表現ですが…)、と思うとぞっとします。
あ、その後、またお湯を沸かして、ちゃっかりラーメンはいただきました(笑)。


さて、このところ少し忙しかったのですが、ちょっと余裕ができたので、週末にコンサートを聴きに行くことにしました。

5月24日(土)
東京藝術大学 奏楽堂 (上野駅徒歩10分)
メシアン生誕100年
http://www.geidai.ac.jp/

15:00〜16:00 レクチャー
「光と影のピアニスト」
講師:小鍛治 邦隆(作曲家・本学作曲科准教授)

16:30〜 コンサート
4つのリズム・エチュード
Pf:川崎 翔子

幼子イエスに注ぐ20の眼差し より
Pf:前田 健治

アーメンの幻影
Pf:長尾 洋史、菊地 裕介


今年はカラヤンの生誕100年ですが、フランスの作曲家オリヴィエ・メシアンの生誕100年でもあるそうです。
私はメシアンという作曲家は全然知らなかったんですが、先日、母校の助手(今は呼び名が違うようですが…)さんが、今年はメシアンの生誕100年だと言っていたのを聞いて、ちょっと気になっていました。
今回、たまたまメシアンのコンサートがあることを知って、行ってみることにしました。
下記のサイトをちょっとだけ見ましたが、なかなか変わった音楽家のようで、「鳥の声」を収集・研究し音楽に活かしていたようです。

オリヴィエ・メシアンに注ぐまなざし
http://www11.ocn.ne.jp/~messiaen/

全席自由席で、チケットも1枚2000円と手ごろなお値段なので、興味のある方は足を運ばれてみてはいかがでしょうか。
まだチケットは手に入るみたいです。
posted by さがみ at 00:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
火傷、大丈夫ですか?
私、東京芸大に行ってみたい気がするのですが、あいにく奈良に映画を観に行く予定です…。

そういえば英文のF先生が撮った映画が秋に東中野の映画館で公開されるそうです。
Posted by せ at 2008年05月22日 23:48
>「せ」さん

もうだいぶ良くなりました。
たいしたことなくてほんとに良かったです。

映画を観に奈良までですか。
らしいですね。楽しんできてください。
Posted by さがみ at 2008年05月24日 10:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。